クレジットカード現金化を一定の換金率で行うポイントなどについて

ショッピング枠を換金する行為であるクレジットカード現金化には、自分で商品を売買して現金を得る方法と現金化業者に依頼して現金を得る方法があります。
自分で行う場合には換金性の高い商品をショッピング枠を使って安価で購入し、買取価格の高い買取店などで売却することがポイントです。
人気の高い商品券の場合には換金率が95%以上になることもあり、プレミアの付いているゲーム機などは購入金額よりも買取価格の方が高くなる場合もあります。
ただし、カード会社でも転売目的のショッピング枠の利用を見破る技術が向上しています。
カード会社では商品券やゲーム機やブランド品や電化製品など、買取価格の高くなりやすい商品を把握しています。
したがって、そのような商品をショッピング枠でまとめ買いするとカード会社から転売を疑われ、カード利用停止になることがあります。
カード利用停止は注意喚起が目的であり、利用再開されても転売目的だと思われる行為を繰り返すと強制退会になる可能性があります。
一方、現金化業者に依頼してカード決済代行会社を通す場合は、カード会社で購入履歴を把握しにくくなるのでカード利用停止になるリスクが低いです。
現金化業者に依頼すると決して安くない手数料がかかりますが、即日で現金を振り込まれることも多いので確実に一定の現金を得ることができます。
業者に依頼する場合の換金率の相場は、70~80%程度になります。
したがって、換金率があまりにも高い業者を過信することを控え、業者のホームページなどで念入りに情報収集することが大切です。

換金率の高い業者選びはこちら:ネオギフトの口コミはこちら